企業の活動を効率化する営業支援の方法とは

規模の小さな企業では顧客の数や業務量が少ないため一人のスタッフが様々な作業をこなすのが通常です。営業スタッフはテレアポや訪問商談だけでなく各種書類の作成やアフターフォロー、見込み客への情報発信なども行わなければなりません。中小企業や零細企業では請求書の作成・送付や売掛金の回収などを任されている場合もあります。請求書の作成・送付などは本来であれば経理スタッフが行う作業です。

業務量が少なければ一人のスタッフが様々な作業を行っても対応できます。企業の規模が大きくなると顧客の数や業務量が増えるため、役割分担の徹底が必要になります。適切な営業支援によってスタッフの負担軽減と生産性の向上を図らなければ、能力の限界を迎えて対応できなくなってしまいます。営業支援を適切に行うには専門の部署を設置したり、特別に開発されたシステムを導入するのが有効な方法です。

例えばカスタマーサポートを設置してアフターフォローやクレーム対応などを任せます。電話やメールなど非対面の方法で見込み客への情報提供を行う部署を設置するのもよいでしょう。営業支援によって効率的な活動を行うため、多くの企業特別に開発されたシステムを導入するようになりました。システムには顧客や案件に関わる情報を一元管理する機能が備えられています。

重要な情報がシステム上で管理されるので、スタッフ同士が電話などを使い連絡を取り合う必要がなくなります。素早く重要な情報を確認し状況に応じて必要な活動を行うことができます。システムにはスタッフ同士の連携を強化して、組織的な活動を可能にするというメリットもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です