営業支援は企業の命運を左右する

企業はある程度規模が大きくなると、さまざまな部署によって業務を細分化・専門化します。それは効率的・効果的に仕事を進めるうえで重要なことと言えます。例えば、総務・経理・営業・研究開発・生産などというかたちです。それぞれの部署の果たす役割は重要で、部署に優劣を付けることは一概にはできません。

しかし「一番重要な部署は?」と問われたら、多くの人は営業と先ず答えるはずです。営業はお客様相手に仕事を獲得する部署であり、商品・製品に関する知識をはじめ幅広いジャンルの受け答えが必要とされます。それだけに日頃から勉強もしっかりと行っていなければ、得意先で恥をかいてしまいます。恥で済めばまだましで、得意先との関係がこじれでもしたら企業にとっては死活問題にすら発展しかねません。

企業の売り上げは、営業の成績によって左右されるものです。そこから販売管理費や仕入れなどを差し引いて、最終的には営業利益が算出されます。この利益が積み重なって企業は成長することができるため、営業の重要性はとても高いと考えられます。したがって総務部門の人であっても営業支援を行い、常にサポートする精神が大切です。

生産部門の人もまた然りで、営業支援の心構えをしっかりと社内に浸透させておく必要があります。ある企業では「営業支援」というキャッチおフレーズを社是・社訓に盛り込んでいるところもあると聞きます。会社の発展・成長は、営業に携わる人たちにかかっていると社員全員が肝に銘じることが重要ですね。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です