営業支援システムを導入する際の注意点

営業支援システムとは、営業の課題を明確するためにプロセスなどを分析して、理解して課題解決することで営業のコアタイムを増やすというものになります。営業のコアタイムとは見込み客にアプローチするためにアポイントを取る、見込み客に対して現状の課題などをヒアリングする、新規顧客の開拓、既存顧客にルート営業をかけている時間など、顧客に対しての時間のこと全てを言います。営業担当は、コアタイム以外にも日報の作成や会議などの事務作業に追われてしまいます。このような事務作業の効率化などをするのが営業支援で、スムーズに行えるようになることでコアタイムに集中できます。

営業支援を行うシステムは様々なものがありますが、導入する際には様々な注意点があります。よくある失敗が、業務実態を無視したシステムの導入です。画面が見づらくて使いづらいものだと、情報を入力する意欲が削がれてしまいます。システムが社内に浸透しないケースもあって、運用するためには営業担当者各自がデータ入力作業が必要になることで、負担に感じることも考えられます。

マーケティング部門と営業部門など異なる部署・部門で別々のシステムを導入することで、情報共有がうまくいかず、余計手間がかかってしまうなどが挙げられます。このような失敗を避けるためには、営業支援システムを導入する際に事前に社内に周知して同意を得てから導入することが大切です。また、部署ごとに異なるシステムを使うのではなく、社内全体で同じシステムを使い情報を共有できるようにしておくと業務がスムーズに行えます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です