営業支援サービスの有効活用

営業の手が足りなくなったときには、営業支援のサービスを使う事をお勧めします。企業には専任の営業がいるものですが、製造などの他部門とは業務内容が分離されているので、下手に多くとると後からきつくなってしまいます。小さな会社ほど顕著で、あまり余裕をもって人を入れられないのとあわさり繁盛期に困る事になるのです。その点、営業支援サービスを使えば欲しい時に欲しい人数だけ利用する事が出来ます。

売る商品が分かりやすいものならそれほど説明は必要なく、あとは人手がどのくらい出せるかが重要なため、これは外注利用が生きるシーンとなるのです。自社の仕事を外に出したくない、外注自体を使いたくないという社長も多いのですが、拒絶反応を示さず一度使ってみると、その利点を確認出来るはずです。大きな要素としてプロの技を自社の商品に対して使える事、そしていつでも終われる事があります。新規採用した社員を、繁盛期が終わったからといって首にすることは出来ません。

しかし営業支援サービスなら、決められた期間を終えれば自動的に契約満了となり、その後の責任を負わなくて済むのです。もし営業支援サービスを勧めるなら、この要素を説明すると採用の可能性が上がるはずなので、頭に入れておくといいでしょう。社長だけが営業をしていてあまり仕事に困っていない、という会社には縁遠い話と思われがちです。しかしそういった会社ほど、いざ仕事が止まってしまうと困るため、存在を知っておくといいでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です