葬式にかかる費用の平均額

一般的に葬式にかかる費用の平均額は約200万円といわれています。しかし、葬式の内容によって金額はかなり異なってくるため、あくまで目安としてこのくらいかかるという事を頭に入れておきましょう。葬式は、葬儀の形式や地方の習慣、規模によって大きく異なります。まずは、葬儀の専門業者に見積もりを出してもらうことが大切です。

葬儀の全体の費用は、「葬儀一式」「寺院」「接待飲食」の3つを合わせたものです。葬儀一式は、遺体のお迎えから火葬・骨上げと続く葬儀葬送をおこなうために必要な物や人、場所などにかかるお金です。寺院は、読経料や戒名料などを指します。読経料や戒名料が必要ない場合は、寺院費用はかかりません。

接待飲食は、会場での飲み物や食べ物、会葬返礼品などを指します。葬儀に出席する人数や内容によって異なってきますが、平均で約50万円ほどかかるといわれています。見積もりを出してもらう際に気を付けなければいけないのは、葬儀一式のみの金額を提示されるということです。葬儀の専門業者が出す見積もりは、寺院や接待飲食が含まれていないケースが多いです。

総額ではないので、その点は注意しましょう。このような葬儀の金額は、場合によって上がることもあります。たとえば、品物のグレードアップをしたり参列者の人数が増える場合です。参列者に振る舞う料理や返礼品のグレードアップに加え、参列者も増えるとなると、その分金額は上がります。

後々困ることのないように、あらかじめ少し高めの金額を設定しておくことをおすすめします。葬式をするにあたり、事前の調査はとても重要です。複数の業者に見積もりを出してもらい、しっかり検討して決めましょう。また、その見積もりは総額で出してもらうことが大切です。

慌てず慎重に検討し、希望に見合った葬儀社にお願いするのが良いでしょう。