葬式の費用の相場について

葬式は、規模や宗教によって分類することができます。通常、葬儀の費用は、葬儀自体の料金に加えて、寺院に支払う費用と、飲食費がかかります。火葬式は、お通夜と告別式がないスタイルで、身内だけでお別れの儀式と火葬のみを行います。遺体の搬送と安置料金、遺影、位牌などを含めて10万円から20万円程度かかります。

宗教者に、火葬炉の前での読経や、戒名を依頼すると別途料金がかかります。一日葬は、お通夜を行わず、身内と親しい知人だけで、告別式と火葬を一日で行います。火葬式に加えて、告別式での祭壇、後飾りの祭壇も必要で、30万円から40万円程度になります。家族葬は、一般的な葬儀と同じ形式で、家族と親しい知人だけで行うスタイルです。

50万円から60万円かかり、会葬者が多いほど料金がかかります。自宅で行う場合には、会場費が不要になるので、40万円前後になります。家族葬で会葬者が少なくなれば、飲食費は抑えられますが、香典も少なくなるため、実質的な負担が変わらないことも考えられます。家族葬を選ぶ場合には、その点を理解しておきましょう。

一般葬は、葬儀自体で60万円以上かかり、寺院費用や飲食費も加えると、100名程度でも150万円以上かかります。地域によっては、さらに高額になる場合もあります。また、葬儀社によっては、料金に含まれる内容が異なり、追加料金が次々と発生することもあります。打ち合わせの時点で、よく確認することが大切です。

喪服のことならこちら