海洋葬の方法はひとつではありません

現代では、葬儀の形態も多種多様になってきました。家族親戚だけで行う家族葬も一般的になってきましたし、宗教にとらわれないお別れ会や、亡くなる前に集まる生前葬を行う方も今ではめずらしくありません。そして、お骨の供養の方法、お墓の形態なども様々になってきました。樹木の命となる樹木葬、母なる海へと帰る海洋葬などの名称は、ニュースなどでときどき聞くことがあるのではないでしょうか。

今回はその海洋葬の方法についてご説明しようかと思います。漠然と「海にお骨をまく」というイメージはあっても、具体的にどういったものかというと、案外知られていないものです。一般の方がなんとなくイメージする散骨に近いのは「個人散骨」と分類される方法かと思います。故人の家族親戚で船を貸し切り、故人を偲びながら海に散骨をする形です。

思い出話をしたり、お花を手向けたり、誰に気兼ねすることなくお別れができます。しかし、海洋葬には「個人散骨」以外の方法があるのです。まず「合同散骨」という方法があります。家族親戚の方が船に乗って出港するのですが、その船は貸し切りではありません。

何組かのご家族とご一緒に出港することになります。もちろん一斉に散骨をするわけではありませんし、船のチャーター料などの金銭的な負担が少なくなるメリットがあります。次に「委託散骨」という方法があります。これは、家族親戚の立ち合いなく、葬儀社や散骨社がお骨を預かって散骨する方法です。

故人の希望だった海洋葬がしたいが、どうしても立ち合いの時間がとれない、などの事情に合った方法です。もしも海洋葬に興味があっても、費用面で不安、時間面で不安、といった場合があると思います。しかし方法はひとつではありませんので、あきらめずにご相談いただきたいと思います。