海洋葬とはどのようなものか

海洋葬とは、文字とおりなのですが、海に自分の骨などをまくことをいいます。通常、お墓に入る、家族と同じお墓に眠るということが日本では多いことですが、ここ最近では、家族とは離れ、自然とともに死をむかえたいという人がとても多くなりました。また、お墓などの維持管理費、自分が死んだあとにお墓を守ってくれる人がいない、という理由などから、このような海洋葬を望む人もすくなくありません。自然と一体になって死をむかえるという概念は、とても神秘的なことであり、日本だけでなく、他、外国でも行われていることです。

骨を流すことは大丈夫ですが、たとえば、火葬場などに行くことがためらわれる、そのまま、死んだそのままの姿で誰かに海に流してもらいたい、という気持ちを持つ人もいますが、この場合はとても危険です。なぜ危険なのか?というと、遺棄などの問題だけでなく、漁港の人たちに迷惑がかかってしまうからです。漁港では魚をとるために、網を巨大なものをつかいますが、このような網に遺体がひっかかってしまうと、甚大な損失が出てしまうのです。そのため、必ず、火葬場などで骨にしたあとに、海洋葬を行うことが必要となってきます。

海はとても広いため、希望する例えば、日本海などに自分の骨を流してもらいたい、などと希望をすることなどもできます。自分の思い出のある地域、好きな地域の海に、自分の骨を流すことを希望している人が、とても増えています。