海洋葬などでの葬送は

人が亡くなった時には火葬をするのが一般的になっていて、遺骨は骨壷に入れてお墓に入れるのが普通です。近年それが変化してきて遺骨を自然に還す散骨葬が増えてきています。遺骨をお墓に納めることなく海や山などにまくことになり、海への場合は海洋葬となります。山などの陸地にまく場合は散骨をする許可を得た指定された場所にすることになります。

海洋葬の場合には厳密な指定はないのですが、節度を持ったルールの中で行われています。それは陸地より一定の距離を保ったいくつかの条件を満たしている時には散骨をすることが可能となるのです。大自然の一部として最も自然な還り方であるとの思いがあります。海洋葬などのような散骨をする人が増えてきているのは、今の社会のあり方が大きな理由の一つともいえます。

高齢化社会、少子化社会、核家族社会と大きく変化して行っていることがあげられます。実際に従来のお墓の有り様に対しての考え方が変わってきていることがあります。お墓をずっと維持していくことや、新しく購入することを選ばない人が増えてきていて、時代にマッチする新しい価値観が生まれてきたことが海洋葬などの散骨が注目されてきています。日本ではあまり慣れない葬送になると感じるかも知れませんが、海外の国などでは一般的な送り方であることも知られています。

古来では日本でもごく普通に行われていたものでした。墓地に納めるのが当たり前だという概念が薄れてきて、個人の価値観が重要視される時になってきたのです。