注目されている海洋葬の流れとは

海洋葬は海に散骨する新しい形の葬儀方法です。海が好きな方や海と縁がある方の他、費用をおさえたい、お墓に入りたくない、お墓を管理する人がいない、といった理由の方まで選ばれる理由は様々です。海洋葬はただ海に散骨をすればいいわけではありません。散骨をするにはお骨を細かくする必要があるので個人ではなかなかできにくいため、海洋葬を行っている葬儀会社に連絡をしたほうが確実です。

海洋葬の流れはまず、申し込むところから始まります。生前から申し込むことができる会社もあります。申し込みをしたのち同意書や火葬許可証などの書類を提出します。その後、お骨を引き取ってもらい細かくパウダーのようにしてもらいます。

指定された日にちになったら船に乗って指定の海にて散骨を行います。なお、どこの海でも良いわけではないので希望があれば、その海でできるかどうか事前に問い合わせておくと良いです。なお、海で散骨するにも個人のみで行う個別葬、複数の家族と共に行う合同葬、葬儀会社に委託する委託葬があります。散骨をする時の服装は喪服でも良いですが、普段着でも構いません。

船に乗るためヒールのある靴や滑りやすい靴は避けた方が無難です。故人の好きだった音楽をかけてもらうこともできますのであらかじめどのようなことができるのか、葬儀会社と相談をしておくと良いです。散骨式を終えると、後日散骨証明書が送られてくることがありますので、大事に保管しておくようにします。