葬儀は冠婚葬祭の中でも料金が

葬儀は冠婚葬祭の中では料金が高くなる可能性があります。可能性がある、というのは、やり方によって違いますし、予想以上の参列者が来ることがあるからです。何人来るのかが、基本的には葬儀は予想できないです。ある程度、備えておくことはできますが、どうしても思ったよりも多く人が来た場合、費用が嵩むことがあります。

事前に見積もりはもらえますが、それを遥かに超える場合はよくあります。それでもそうした場合は香典によって、むしろ、黒字になる可能性があります。冠婚葬祭には祝儀か不祝儀を持っていくことが常識です。葬儀ではそこまでの金額を持ってくることは少ないです。

ちなみに結婚式でもそうですが、関係が深いとそれなりに金額は出します。しかし、葬式はそこまで親しくないとしても参列することはあります。結婚式とはその点が違うことになります。食事も出しますが、こちらも結婚式とは違って、そこまで一人当たりの金額は高くないです。

そのあたりの料金の違いが同じ冠婚葬祭であろうとも違いがあるわけです。料金には色々と項目があります。そして、意外と削れるところもあります。もちろん、お金があれば、拘ることもできます。

しかし、最近では節式というのが一部で行なわれています。これは節約している葬式というものであり、飾りつけなどを最小限にして、出来るだけ費用を抑えるわけです。葬式には大金を投じる、ということが常識的であった時代は終わったのです。