冠婚葬祭葬儀の料金と相場

冠婚葬祭で最も料金が高いのは葬儀だといわれています。値段のしくみがそもそもよくわかっていないことや特定のプランにしてすべておまかせする方式が手軽で利用しやすいためです。一般的な葬儀の相場は100万円前後といわれており、内容としては祭壇60万、式場利用料金10万、棺8万、骨壺5万、霊柩車5万、安置料金2万が自動的に必要経費として計上されることになります。他にマイクロバスの手配やお寺へのお布施、火葬料金などがあり、参列者への飲食代なども別料金になりますのでそれほど豪華な式をしていないような気がしても200万円くらいは軽くかかってしまうのです。

会社葬など大規模なものにかけては1000万円を超えることもありますし、最小限の葬儀で構わないという場合には20万円程度で押さえることもできますので、いかにコストを削減するかやどこに費用をおしまないでかけるかは親族や喪主の意向によることになります。冠婚葬祭では寺院費用や飲食代などもばかになりませんし、実際に葬儀の場合にはどちらも50万円程度はかかってしまうことになり、火葬とは別に必要となります。また大規模な葬儀の場合には香典を見込むことができますし、保険が入ってくる場合もあります。全国規模の冠婚葬祭セレモニーホールでは人数と参列者、エリアを選択しておすすめのプランを見積もりすることができるようになっていますから、地元の相場にあわせて最適なプランを選ぶことができるようになっています。